蔵元のあいさつ・歴史・受賞歴

蔵元あいさつと蔵の歴史

ようこそ木下酒造有限会社のホームページにお越しくださいました。

弊社は天保13年(西暦1842年)より約170年にわたって、酒造りを継承してまいりました。創業は5代、木下善兵衛が30町歩あった田圃から収穫した米を、裏山から懇々と湧き出る山水で酒造りを始めたようです。6代、7代と木下善兵衛を襲名し、8代木下仙太郎、9代木下善一郎、10代木下寿一、そして現在は11代目として、私、木下善人が社長の役割を担っています。

玉川という名前の由来は蔵のすぐ隣に川上谷川という川があり、玉砂利を敷き詰めた感の、清流であったそうです。当時、川や湖を神聖視する習慣もあり、玉(とてもきれいな)のような川というところから、玉川と命名されました。

11代目蔵元となってからは、私の生まれる前から木下酒造に勤めていた中井昭夫杜氏と二人三脚で歩んでまいりました。彼は持ち前の勤勉さで玉川の変わらぬ品質を支え続け、大きな貢献をしてくれました。16歳より48年に亘り木下酒造を支えてくれた中井杜氏亡き後、平成19年からは、イギリス人のフィリップ・ハーパーが杜氏を務めております。40代の若さながら酒造りの経験は20年を超え、家付き酵母を使った自然仕込みの山廃や、江戸時代の製法を再現した酒など、挑戦的な酒造りで玉川の新たなファン層をつくりだしています。

新しい杜氏を迎えるとともに、新生・玉川の象徴として、ひげ文字と呼ばれる書体だった以前の「玉川」を、独創的なロゴに一新しました。日本画家で日展評議員を務める私の義兄、坂根克介氏のデザインによる斬新なロゴは、今では通称「丸玉マーク」として皆様に親しまれております。

私たちの使命は、農家の皆様が丹精を込めて育ててくださったお米を使い、美味しいお酒を造る事です。飲んでくださるお客様が、美味しいと喜んでくださること、そしてそこには笑顔があり、そしてアルコール飲料であるが故、酔いということを通し、楽しいひと時を過ごしてもらえます。

皆様に喜んでもらうことが、私たちの仕事であるとするならば、こんなにすばらしい仕事はありません。

「心を込めて旨い酒を造る」この事をモットーに玉川を飲んで頂くお客様に喜んで頂けるよう、誠心誠意、正直な酒造りを行ってまいります。

木下酒造有限会社 代表取締役 木下善人

受賞歴

平成26年 大阪国税局清酒鑑評会 燗酒用清酒の部において優秀な成績をおさめる
平成24年 全国新酒鑑評会金賞
平成22年 全国新酒鑑評会入賞
平成20年 全国新酒鑑評会金賞
平成17年 全国新酒鑑評会金賞
平成15年 全国新酒鑑評会金賞
平成14年 全国新酒鑑評会入賞
平成13年 全国新酒鑑評会入賞
平成6年 全国新酒鑑評会金賞受賞

会社案内

お問い合わせ

地酒 玉川ブログ

カンパイ!世界が恋する日本酒
木下酒造が取り上げられた映画
「カンパイ! 世界が恋する日本酒」が
上映されました。